総務 岡山奈穂

category
Interview
date
2021/6/1
 
今回は総務担当として活躍している岡山奈穂さんにインタビューしました!

Jijに入社した理由を教えてください

Jijに入社する前は、地元の高知で市役所に約4年間勤めていました。市役所では政策企画係でふるさと納税関係、観光係では外国籍インターンの受入れ、介護保険係など、短いタームで様々なセクションを経験しました。どのセクションでもその分野に必要な専門知識をキャッチアップしなければならず、勉強する日々でした。特に介護保険係では、制度や法律を隅々まで理解していないと窓口に来る相談者に対し適切な解決策を提示できないため、それまで以上に知識を習得した期間でした。その後、結婚を機に石垣島に移住することが決まり、市役所を退職することになりました。石垣島は縁もゆかりもない場所だったので、移住したものの知り合いもおらず仕事もしていなかったため、時間を持て余す日々が続きました。そんな時に幼なじみだった当社総務担当の山﨑から連絡があり、「Jijで働いてみない?」と提案されました。Jijはリモート勤務が可能なので、全国(あるいは全世界)どこにいても働くことができ、石垣島にいることはマイナス要因にはなりませんでした。市役所での経験や学生時代に学んだ簿記の知識を生かして、Jijのバックオフィス担当としてまずはアルバイトとして働き始めたのは2021年6月のことでした。
自分のこれまでの経験や強みを生かせること、遠い場所でもハードルなく業務ができること、そして何よりも幼い頃から一緒に過ごしてきた友人の支えになりたいという気持ちからJijの正社員になることを決断し、今はフルタイムで忙しく働いています。
 

現在の担当業務とやりがいを教えてください

バックオフィス全般を担当していますが、主に総務、経理の月次処理や振込みデータの作成、NEDOの助成金申請関係業務、経営陣のスケジュール管理などの秘書業務、日々依頼される突発業務の対応などを幅広く担っています。私は、大変な状況や忙しい環境になればなるほどモチベーションが上がるかもしれないと過去の業務の中で感じてきたので、このように様々な業務を任せてもらえ、わからないことでも徹底的に調べて先に進めることができ、そして困った時には前向きなアドバイスをくれるメンバーがいることがJijをもっと沢山の人に知ってほしいという向上心に繋がっています。同時に、これらの業務を円滑に進めることで、スタートアップで混沌とした組織の体制が徐々に整いつつあること、経営陣や働くメンバーのサポートができていることを実感しています。とにかく「やりがい」しかない最高の環境で仕事ができて、Jijに入社して本当によかったと思っています。
 

今後どんなことにチャレンジしていきたいですか

会社の業務にもだいぶ慣れてきたので、今後は仕事をしながら資格取得に向けた勉強を進めたいと考えています。簿記・社労士・ファイナンシャルプランナーなど、それらの資格を取得することで会社の実務に活かし、少しでも会社に還元したいと思っています。
また、Jijのメンバーはそれぞれが尖った専門分野を持っているので、私自身も「何かのプロになる」ことを目標として仕事も勉強も精一杯頑張りたいです。

候補者へのメッセージをお願いします

Jijはまだまだ発展途上の会社なので、会社や組織を整えていく上で必要な業務に対し、どんなことでもチャレンジできる環境があります。私は総務をメインに担当していながらも、広報や人事の仕事も任せてもらえ、多様なスキルを獲得できているなと思っています。まさにスタートアップで働く醍醐味ですし、今後のキャリアにも具体的に活かすことができるのではないかと思います。
またJijはとてもフラットな組織なので、上下関係なく対等な立ち位置で提案や議論をすることができます。このことも私がストレスなく、気持ちよく仕事ができるポイントなのかもしれません。こんな環境で働ける機会はそう多くないと思います。ぜひJijで一緒に挑戦していきましょう。